Other blogs その他のブログ

Save Kids Japan http://savekidsjapan.blogspot.jp/ 竹野内真理ファイルMari Takenouchi Files http://takenouchimari.blogspot.jp/Mari Takenouchi videos http://maritakenouchiyoutube.blogspot.jp/ おかしな人々 http://fukushimaworkerslist.blogspot.jp/ 竹野内真理エッセイhttp://takenouchimariessay.blogspot.jp/

2013年1月30日水曜日

Question to Prof. Hayano, Kami, and Dr. Tsubokura in Tokyo Univ.東大物理学部、早野龍五教授および東大医科学医研究所、上昌広教授と坪倉正治医師への質問

東大早野教授と竹野内真理の問答完全版(2014年2月)
http://togetter.com/li/634989 (早野教授はバンダジェフスキーの10Bq/kg以上で心臓に異常と、汚染地帯で子供の各臓器におけるセシウム濃度が2~3倍になっていたことをどう思うかという質問は何度聞いてもお返事いただけず。。また赤ん坊のセシウム濃度、非汚染地帯でも測るべきですし(もちろん、私はそのような研究に協力するのではなく、まず子供たちは汚染地帯から逃げることを主張し、早野教授のお知り合いの安東氏に警察権力まで使われ脅されました)、ご自身の論文の数値結果を1.6倍も間違えないでほしいと思う。。)
The above is the communication between Professor Ryugo Hayano (Physics Dept. of Tokyo University) and Mari Takenouchi in February 2014.  I asked Prof. Hayano for his comments regarding the findings made by Dr. Yuri Bandazhevsky (the famous pathologist and the former Dean of Gomeli Medical University).  Dr. Bandazhevsky found that anomalty on heart was found among the Chernobyl exposed people whose body count were just more than 10Bq/kg and also the cesium concentration of organs were 2 to 3 times higher among children compared to adults living in the same area.  I also pointed out that the concentration of cesium among Fukushima babies conducted by Prof. Hayano team should be compared with babies living in non-radioactive contaminated areas if they conduct such a research.  (Of course, I strongly believe children and babies in contaminated areas should be evacuated first rather than giving cooperation to scientific research, and I was intimidated by his friend, Ms. Ryoko Ando who made criminal accusation against me for a tweet.)  And I also pointed out that Prof. Hayano made a mistake on his own research paper.  (A simple division calculation was wrong by 1.6 times on his own data and he admitted it in the above twitter conversation.)



2013年12月27日、NHK7時のニュースで、このブログにあります東大医科学研究所の医師、坪倉正治氏が「福島で15万人の内部被曝検査をしたが、健康被害が心配される人は一人もいなかった」と大ウソをついています!
On Decembe 27, 2013, Masaharu Tsubokura, a doctor from Tokyo Medical Institute and a team mamber of Prof. Hayano, disseminated a wrong information saying, "In Fukushima, I conducted a survey on internal radiation on 150,000 Fukushima residents and not a single person's health condition was subject to any concern."

坪倉氏には私は2年以上前に沖縄で直接お会いし、氏は「バンダジェフスキー論文を読んで困っている」と述べ、ご自身のブログでも10~20Bq/kg以上の体内濃度で心臓に異変が生じているというバンダ博士の論文を引用しています。
I happened to meet Dr. Tsubokura in person in Okinawa in 2011 and at that time, he agreed with my opinion and magazine artile saying, "I also read the paper by Dr. Bandazhevsky staing that heart abnormaly has been seen among residents whose cesium concentration is 10~20 Bq/kg"

それなのに、それを全く無視して、これ以上の数値が福島では数多くあるのに、まったく健康被害がないという事にしています!
However, 2 years later on TV, he stated that there was no health concern.

恐れていた事態はすでに起きています。
Grave issues have been already emerging.

2013年7月、南相馬市で頭がふたつある子供が生まれ、亡くなられたという話を聞きました。
In July 2013, a Siamese twins was born in Minamisoma, Fukushima, and died.

放射線の影響が強く懸念されます。
福島からは少なくとも、妊婦と子供、およびこれから子供を産む世代は、疎開させるべきではないですか?

It is strongly suspected that there was some radiation effects. 
Don't you all think pregnant women and children, and future reproductive generations should be relocated from Fukushima?

 
写真:昭和27年広島爆心地から2kmで生まれた
 The above Siamese twin was born at 2km from the epicenter of Hiroshima.


この記事を書いていたら、先天性異常の人に対する差別につながるという、とんでもない発言をコメント欄にする人がいます(ページに一番下)。冗談じゃない!南相馬の赤ちゃんは、お亡くなりになったのですよ!差別だとかそんな甘っちょろいものじゃない!生きることもできなかったんですよ!数日間も。表面に異常が現れているということは、もちろん内部にも異常があり、生きている人にとって健康や命に直結する問題です。一番大事な問題に目をつぶり、差別問題に矮小化し、そして、放射線の被害から目をそらせようという、残酷で人でなしの言うことに、耳を傾けてはなりませんよ!
 
 
上先生は、時々良いことをおっしゃいます。ぜひ、それを早急に実行してほしいです。口だけでは子供たちや未来世代は守れません。
 
 
上 昌広@KamiMasahiro                7月19日      
今回の件、除染不可能だろうが、可能だろうが、原発周辺の方で移住したい人はサポートしたいですね。税金をつかうことに賛成です(現実には、線引きが難しく、不公平感が漂うのですが)。一方、故郷に住みたい人は、その願いが叶うようにしたいですね。住民視点が重要だと思います。

As of July 19, Tokyo Univ Prof. Masahiro Kami tweeted as follows; In spite of the feasibility of decontamination, I would like the idea of supporting those around the nuclear power plant to relocate.  I think it is good to use tax money for it.  (though in reality, maybe it will be difficult to assign the boundary, which could cause controversy for unfairness.)  On the other hand, those who want to stay in their homeland should be able to stay.  I think the each resident's view should be valued.
 
 
Prof. Kami, please do make some action!  Just tweeting would not save a single life of children!


東大WBC研究では、2歳以下の子供用のWBC機材がすでに導入され、1歳未満の赤ん坊の内部被曝を測定するベビーWBCも9月から導入すると聞いています。
In Tokyo University Whole Body Counter Study, machine which can use for babies less than 2 year old was introduced, and in this coming September another machine for 0 year old baby will be introduced.


とんでもない話であると、私は背筋の凍る思いでいます。
汚染の全くないところなら、そもそもWBCなどやる必要もないのです。
That is an extraordinary story!  I truly feel my spine chilled.  If there was no contamination, there is no need to conduct WBC stury.

それをわざわざお金をかけて、赤ん坊用のWBC機械まで開発し、あろうことか、福島にとどまっている人、しかも放射線に一番弱い赤ん坊までを利用して、実験研究をやろうとは、本当に、被災者を何重にも苦しめ、最後には弱い者の健康や命を傷つける殺人行為です。

In spite of that, if Japanese government and Toyo University spend money to develop baby WBC machines to use residents including babies ,who are most susceptible to radiation, to conduct live human experiments. 

This is an act which suffers the victims of the disaster in many ways, and eventually this could lead to the homicide of the weak!


まずは大前提の質問です。

→「汚染地帯に子供や妊婦までを含めた住民をとどめ置き、ホールボディーカウンターによる計測を続けることは、人道に反する医療検査行為とは思いませんか?」

The basic question is;

"Don't you think it is against humanity to conduct resarch of WBC examination on residents including children and pregnant women in contaminated ares?"

また、東大医科学研究所の上昌弘教授の福島県以外の講演会に行った方が、上教授の次のような発言を聞いたと言います。

Also, a person who attended a seminar outside of Fukushima heard the following word by Professor Masahiro Kami;

"I would not be surprised if some radiation effects come out on children."
「10年以内に何らかの影響が子供達に出てもおかしくない」

これは明らかに、福島の子供たちに対する、時間をかけた身体的虐待と言えるのではないですか?

Isn't this an act of abuse against children in Fukushima in a long timespan?


と書いていましたら、2月15日、福島で甲状腺がんの子供が3人、疑われる子供が7人と言う悲しいニュースが出た後で、上教授が以下のコメントを出していました。

上 昌広‏ 
「早急な結論はでないだろうが、因果関係は否定できないだろう。」

On February 15, 2013, a sad news came.  In Fukushima, 3 thyroid cancer children and 7 suspected are detected.  On this news, Professor Kami said the following;

"I cannot jump onto any conclusion, but I cannot deny the causal relationship."

2013年5月27日には、甲状腺がんの疑いも含め、27人にもなっています。
それなのに、東大の上記の医師たちは何のアクションも取ろうとされていません!

On May 27, 2013, there are as many as 27 thyroid cancer kids including the highly suspected ones.

HOWEVER, THE ABOVE DOCTOR/PROFESSORS IN TOKYO UNIV ARE NOT TAKING ANY ACTIONS!

先日は、共同で、早野論文への反論を出させていただきましたが、こちらへの反応もなしのつぶてです。
The other day, along with other people(3 doctors, 1 scholar, and a Fukushima citizen), we submitted the following to the Professor Hayano's thesis, but we haven't got any reply.
http://blog.livedoor.jp/medicalsolutions/archives/51984809.html


それ以前には、坪倉先生のブログに以下のコメントを掲載させていただきましたが、お返事は頂いておりません。

Prior to that, I put my comment on Dr. Tsubokura's blog, but I haven't got any reply yet.

http://apital.asahi.com/article/fukushima/2013020100003.html

坪倉先生、お久しぶりです。2011年11月に那覇でお会いし、バンダジェフスキーの論文についての記事を差し上げました竹野内です。その後、貴ブログにて10~20Bq/kgデモ心臓に異変という記事を載せていただいた事、感謝しております。

Dear Mr. Tsubokura

Long time no see.  I met you in Naha in November 2011 and I gave you my article on Bandazhevsky.  After that, I saw on your blog that even bodily cesium concentration of 10~20Bq/kg could cause abnormality in heart in your blog, and I was quite appreciative for it.

しかし、その後JAMAの論文で、これ以上の値が住民から出ているのに、安全であるという宣言をなさってしまったのは、非常に残念です。上からの圧力ですか?その間に、坪倉先生は福島の住民、特に子供たちの命を傷つけているのですよ?それを自覚していらっしゃいますか?

However, in the JAMA paper, though more than 10~20Bq/kg were detected in many residents in Minamisoma, you declared the safty in the conclusion.  I was greatly dissapointed on this.  Was there any pressure from somewhere?

Meanwhile you are harming the health and lives of residents in Fukushima, especially children.  Are you aware of this?

また上記の記事ですが、3000Bqの衣服をまとっていたという事実は、大変重大な事実であり、真っ先に呼吸器被曝が心配されます。

In the blog article, you mentioned that a resident was wearing a jacket equivalent to 3000 Bq.  I think this was truly a grave fact and radiation exposure to this person's resparatory system should be considered first.

コロンビア大学で既に2000年ころには、たったひとつのアルファ粒子ががんを引き起こす事を証明していますが、先生は、内部被曝と肺がんについての文献は少しでもお読みですか?読んだものがあれば教えていただきたいです。

In year 2000 or so, in Columbia University, it was proven that even one alpha particle could cause cancer.  Have you ever read any paper regarding internal radiation and development of lung cancer?  If so, please let me know the titles?

あと先生、上昌広教授、非常に評判悪いです。表で言ってる事と裏で言っていることが違います。犯罪のレベルだと、ネット上で医療関係者も一般の人たちの間でも広く言われています。私もブログでその辺をまとめて書きました。http://koukaishitsumon.blogspot.jp/2013/01/blog-post_30.html

Also, there are some unwanted rumors on Professor Masahiro Kami, your superior.  They say that what he says in front and in the back are different.  Some people in medical circle whisper that his acts are the same level as some kind of crimes.  I also mentioned it in this blog.
http://koukaishitsumon.blogspot.jp/2013/01/blog-post_30.html

これ以上、上教授のWBC研究で働いていると、先生はそのうちに薬害エイズの時のように犯罪者となって摘発されてしまうのではないかと心配しています。先生、どうか英断をされて、この研究から身を引いて下さい。できたら上教授を含めて。私は薬害の時のように本格的に犠牲者が増え、関係者が逮捕されるようなスキャンダルを見たくありません。そして何より、子どもたちの命を傷つけてはなりません。住民および、先生方のためにも、WBC研究から即刻撤退すべきと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

If you keep working for Professor Kami on the WBC research program, I am afraid that you could also be sued as a criminal. 

Dr. Tsubokura, please make a courageous decision and withdraw yourself from the research program, if possible along with Professor Kami. 

I do not want to see any scandal as in the time of HIV tainted blood product case where some experts and related people were arrested. 

Most of all, from a humanitarian point of standpoint, you had better withdraw from such research which may harm children and residents' health and lives.

Please do consider this issue seriously.




 


VI) 東大WBC研究の矛盾点Controversies on WBC Study by Tokyo University



東大ホールボディーカウンター研究の矛盾点

Controversies on WBC Study by Tokyo University

 
ベラルーシのエートス計画では、医師も協力し、ホールボディーカウンター(WBC)によるモニタリングで内部被曝線量が下がるのを成功裡に記録していたと言います(とはいっても最も大事な健康の改善はみられていなかったわけですが。エートスの章を参考にしてください。http://savekidsjapan.blogspot.jp/2013/01/blog-post_8310.html

In ETHOS Belarus, residents internal radiation had been measured with whole body counter and the report said that the figures were successfully decreased, though the most important health improvement was not reflected by it. Please see http://savekidsjapan.blogspot.jp/2013/01/blog-post_8310.html

 

さらに、このWBCでは、ガンマ線しか計測できず、アルファ線、ベータ線核種は検出できません。内部被曝でより危険なのは、体を突き抜けるガンマ線ではなく、アルファ線、ベータ線核種ですから、本来は尿検査が必要です。

 WBC can measure only gamma rays and cannot detect alpha and beta rays, which are much more harmful on human bodies as internal exposure sources.  To detect these, we need to conduct urine test.

 
福島エートスでも、ご存知かとは思いますが、福島の避難地域から外れた南相馬市でも、WBCによる体内被曝の調査が行われ、20128月に米国医師会(JAMA)で発表されています。

As you probably know, in Minimisoma city, which is outside of evacuation zone, Dr. Masaharu Tsubokura from Tokyo University Medical Science Institute, measured the residents internal exposure using WBC and submitted the thesis to JAMA in August 2012 (http://jama.jamanetwork.com/article.aspx?articleid=1346169). 

 
この論文の著者の東京大学医科学研究所の坪倉正治医師には、私も沖縄で201111月に放射能の勉強会でお会いしております。そこで私は直接氏にバンダジェフスキー論文を読んだことがあるかと聞いたところ、「読みました。実は私も大変困っています。福島では、人が食べるものは全数検査しなければいけないが、機材が足りません。」とおっしゃっていました。

I met Dr. Tsubokura in person at a radiation seminar held in Okinawa and directly asked him whether he had read paper by Dr. Bandazhevsky.  His answer was, Yes, I have.  As a matter of fact, I feel troubled.  Every food should be measured before the local residents would eat, but we do not have enough equipment.

 

また、坪倉医師は、20122月に書いたご自身のブログhttp://medg.jp/mt/2012/02/vol410wbc.htmlにバンダジェフスキーの研究について言及しています。この中で、坪倉医師は、はっきりとバンダジェフスキーによれば、10Bq/kg20Bq/kgで心臓に影響が出ているという報告があるから、病院で心電図の検査もやり始めた、住民の長期的なフォローアップが必要であると記しています。

In Febrary 2012, Dr. Masaharu Tsubokura mentioned about Dr. Bandazhevskys study in his own blog, http://medg.jp/mt/2012/02/vol410wbc.html.  In here, he stated that long-time follow-up will be needed including electrocardiogram test for residents since there is a report by Bandazhevsky that says 10Bq/kg20Bq/kg cesium concentration in body causes heart malfunction. 

 
ところが、この坪倉医師の8月の研究報告では、大人でも小児でも最も高い人は50Bq/kg以上、10Bq/kg20Bq/kg以上はざらに見られます。これは大変なことかと思いますが、なぜか論文の結論としては、これらのベクレルの体内濃度からシーベルトに換算し、1.07mSVを浴びた1人を除いてすべての住民の実効預託線量は1mSV以下であり、被曝レベルは低いと結論されています。

According to the JAMA report by Dr. Tsubokura in August 2012, there were even people with more than 50Bq/kg and many with 10Bq/kg20Bq/kg among adults and children.  This figure is of grave concern itself in the light of Dr. Bandazhevskys study.  However, strangely, the conclusion of Dr. Tsubokuras study was the residents exposure level was low, with all the subjects exposure less than 1mSV with only one exception of 1.07mSV effective committed dose.

 
不思議なことに、その後坪倉氏がバンダジェフスキーをでたらめと言っているというサイトが作られていました。そのサイトの中では、上述の福島の地方局TVユー福島の報道局長の大森真氏(http://savekidsjapan.blogspot.jp/2013/01/medias-sins.html参照)が、坪倉氏がバンダジェフスキーを酷評していたというコメントしているのです。坪倉医師が私に直接話したこととも、上述のネットで坪倉医師が書いたこととはまったく正反対の記述です。

However, quite strangely, an internet site was made in May 2012, saying that Bandazhevsky was denied by Dr. Tsubokura quite harshly (http://togetter.com/li/303308).  This was stated by Mr. Makoto Omori(See http://savekidsjapan.blogspot.jp/2013/01/medias-sins.html), the chief of broadcast section at TV You Fukushima.  What Mr. Omori was saying was quite contrary to the saying I heard from Dr. Tsubokura directly. 

 

この体内濃度が初期被ばくによるものなのか、または飲食物によるものなのか、判断できませんが、いずれにせよ、既にこれだけの体内濃度になった人に、さらに汚染された空気を吸わせ、食べ物を食させるのは殺人行為だと思います。

Nobody knows whether this cesium concentration in body came from initial exposure or food intake afterwards, but in any case, it would be a act of murder not to relocate residents making them breath contaminated air and consume contaminated foods. 

 

このWBCを使った研究については、東京大学医科学研究所の上昌弘特任教授が責任者となっており、研究目的には、「原発災害で大きな影響を受けた福島県浜通り地方において、住民の健康不安を解消する目的、および低線量被ばくを含む原発災害が人体へ及ぼす影響について調査するため、一般健診および健康相談会を行う。」と書かれてあります。

As for the WBC study, Professor Masahiro Kami, Tokyo University Medical Science Institute, is in charge.  Amazingly, the purpose of the study says;

 

The purpose of this study is to conduct medical checkup and medical consultations to resolve anxiety of the residents in costal line area in Fukushima  greatly damaged by the nuclear disaster and to study the effects of nuclear disaster on human bodies including low-level radiation effects.
 

低線量被曝が人体へ及ぼす影響について調査すると明記されているのです!これは放射線を使った人体実験に他なりません!

It clearly stipulates the purpose as studying low-level radiation effects on human body!  This is nothing but a human experiment using radiation!

 
さらには、上昌広教授のこういうセリフを聞いた人がいます。

「福島市も郡山市も、とてもじゃないが避難させられない。将来奴らは、集団訴訟とかするんだろうなあ」

「南相馬はあぶないよ。」

 
 Moreover, one of my friends acquaintances and my own acquaintance heard Professor Kamis personal statement as follows;

 
It would be impossible to evacuate residents in Fukushima City and Kohriyama City.  I guess in the future, they would file a class action lawsuit.

Minamisoma City is at risk. (Minamisoma is one of the cities along the costal area of Fukushima where the WBC study is being conducted by Professor Kami himself.)

 
この危ないと言っている地域で、上昌弘教授は、部下の坪倉氏に、子供達まで含む住民を使った低線量被曝の研究を進めさせているわけです。これはまさに時間軸の延びた731部隊の人体実験に他ならないと私は思います。

 In this area at risk, Professor Kami himself is conducting WBC study including local children and pregnant women with his subordinate doctor Masahiro Tsubokura.  This is nothing but a recurrence of Unit 731 evil human experiment with prolonged time span. 

 
そして彼らが所属している東京大学医科学研究所は、731部隊研究の拠点の一つでもありました!以下のサイトを参照ください。

http://savekidsjapan.blogspot.jp/2013/01/japan-victim-and-perpetrator.html

As a matter of fact, Tokyo University Medical Science Institute used to be a hub for Unit 731 human experiment studies.  http://savekidsjapan.blogspot.jp/2013/01/japan-victim-and-perpetrator.html

 
 どうかこれらの犯罪的な東大の医師たちの悪魔の実験を即刻辞めさせ、危険な地域にいる住民、特に妊婦、子供たちを安全な場所に移動させてください。

 I sincerely ask for international organizations to stop these Tokyo University doctorsmedical experiments and please relocate the residents in high risk area, especially pregnant women, children.

12 件のコメント:

  1. このコメントはブログの管理者によって削除されました。

    返信削除
  2. このコメントはブログの管理者によって削除されました。

    返信削除
  3. tu-taさんに同意です。

    差別の助長にあたると、ご自分では気が付いてないのでしょうか。

    返信削除
  4. 差別の助長にあたるとのご意見がありますが、私は全くそのようには思いません。

    生を受け健康に生まれてくるはずの命が奪われている。
    人為的に健康で生まれるはずの身体が、どこかに障害を持って生まれてしまう現実。
    あってはならない事です。

    今警鐘を鳴らさずして何時鳴らすのですか!
    元福島県民として、福島の今後を祈らずにはいられません。

    返信削除
  5. 上の匿名さんの言われるとおりです!

    返信削除
  6. 差別?

    誰が誰(何)に対して差別している?

    このブログ主は結果(奇形の子供の身体)ではなく、
    その子供が産まれたプロセスに警鐘を鳴らしているのは、
    文章を読めば明らかに判りますよ。

    「差別」と言う方が、結果として差別をしているのでは?

    返信削除
  7. とにかく、差別とは次元の超えた、命そのものの問題ですよ!放射線の子供たちへの影響は!

    それをただの差別に矮小化する人たちは、こちらのコメント欄への投稿は許可しませんので、よろしくお願いします。

    ブログ管理人より

    返信削除
  8. それは衝撃的な物語トゥイーン子死だった。とにかくその時医者やった。何を推測します。物語を共有してくれてありがとう。

    返信削除
  9. このコメントはブログの管理者によって削除されました。

    返信削除
  10. 福島は廃県にすべきです。そして胡散臭さ満載の上なる人物は、今回の小泉演説が機能してくれれば、早ければ5年以内には逮捕されるでしょう。

    返信削除
  11. この上という人、東大出身なのですね。この人のSNS見みました。学歴が大好きなようですね。開成高校と何かしたとか、だれそれは東大出身だとかいちいち書いている。こういうのって、福島の人達から見ると「偉い先生達が来てきれているんだ」とでもなるのかな。何がしたいのかわかりませんが、相当のナルシストなのでしょうね。取り巻きが来るとすぐアップしてますが、それだけ人徳がないのでしょうか。いつ仕事しているかわからないくらいSNSに浸かってますね。あー「胡散臭い」。

    返信削除
  12. このコメントはブログの管理者によって削除されました。

    返信削除